英国の庭から~海外生活ブログです

欧州調査歴25年以上のリサーチャー兼駐在員妻です。英国在住歴は通算10年。庭仕事のかたわら、言いたい放題つぶやきます。

旅行

ANA機内番組「めし友図鑑」が美味しそう過ぎてつらかったの件

ANAの機内番組「めし友図鑑」は、各地のおいしい銘柄米と、それを炊きたてで食べる場合、ぴったりの「めし友」(佃煮や漬物)を紹介する番組です。今回は総集編をやっていたので、ご紹介。美味しそうなのに海外では買えないので残念!

ブルーベルを見に、ケントのリバーヒル庭園へ

ケント州にあるリバーヒル・ヒマラヤン・ガーデンでは、ブルーベルが満開です。また石楠花、つつじが最盛期を迎えています。夏にはバラやクレマチスも楽しめそうです

コッツウォルズは夏の平日がお勧め

コッツウォルズはオックスフォードの西からブリストルの東に広がる広大な丘陵地帯です。貴族の館や有名な庭、魅力のあるひなびた村が点在します。この地域特産の黄色い石で家や建物が作られており、「はちみつ色」と形容されるいえい表現されている家々から…

チャールズ皇太子のこだわりに満ちたハイグローブ庭園

イースターの日曜日、職場の同僚を誘って、チャールズ皇太子の私邸ハイグローブ(High Grove)の庭園を見学に行ってきました。ハイグローブはコッツウォルズ丘陵の南端の町Tetbury近郊にあります。完全予約制で、ウェブサイトから参観を申し込めます。未成年…

Great Comp Gardenを見て、ケントで最も美しい村と言われるAylesfordへ

先週来、寒気団が南下して英国全体にどっかりと座っているようで、冷蔵庫の中のような気温が続いています。今日は朝から晴れていましたが、とても寒い1日でした。そんな中、同僚を誘って、ケント州(ロンドンの南東、ドーバー海峡に向かう方角)にあるGreat…

英国の交通違反者講習で学んだ事故に至る心理

英国の道路で交通違反したところをカメラで撮られてしまいました。97ポンド払えば100ポンドの罰金と3点減点を免除してくれるというので、違反者講習に参加してきました。講習会で事故に至る心理学というのが面白かったのでご報告。

「死ぬ前に見るべき1001の庭」に掲載された29の日本の庭

「死ぬまでに見るべき1001の庭」という2012年に改定された本を買ったところ、世界各国から1001の庭が選ばれて紹介されていた。英国の園芸研究者たちがまとめた本なので3分の1以上を占めているが、日本からは29庭園が紹介されていたので、そのリストご紹介。

国際手芸見本市「レギュイユ・オン・フェット(針の祭典)」

2019年の国際手芸見本市「レギュイユ・オン・フェット(l’Aiguille en Fete)」に行きました。出展者数は160程で、思ったより小規模でした。1時間ほどしか見られませんでしたがご報告。

ユーロスターは当面、使いものにならない(ブレグジット その19)

ブレグジットを3週間後に控えた週末、ロンドンからパリに旅行したところ、フランス税関職員の抗議行動によユーロスターが大幅に遅延、大変苦労しました。生活レベルではノー・ディールのブレグジットを体感した週末でした。ユーロスターはフランス税関スト…

アランデルは街も楽しい

アランデルは、城が観光の目玉ですが、その城下町もかわいいです。 イングランドでは珍しいカトリックの大聖堂があり、街中にはアンティークセンターや骨董店もあります。せっかくお城の見物に行かれるなら、立ち寄ってみるといいですよ。

アランデル城内は、歴史の宝庫

南イングランドのウェスト・サセックス州にあるアランデル城は、英国の歴史やアンティークに興味がある方には大変魅力のあるお城です。ロンドンから日帰り圏内ですので、城の中をご紹介します。

アランデル城はチーリップが圧巻

英国貴族筆頭格のノーフォーク公の居城であるアランデル城は、イングランド南部ウェスト・サセックス州にあり、春から秋の期間、一般公開されています。2018年5月初めに訪問したところ、チューリップがいたるところに植えられていて見事でした。今日は同城の…

ホーリールード宮殿に行ってみました

エジンバラ最大の見どころと言われるホリールード宮殿、夏場に行くと王室の誰かが滞在していて公開されていないことも多いと聞きます。仕事の後、少し時間があったので、行ってみました。

エジンバラに出張中

1泊2日の予定でエジンバラに出張に来ています。夕食に食べたシーフードがおいしかったのでご紹介。

ロンドンに到着してからもトラブル

パリからユーロスターでロンドンに帰り、セントパンクラス駅でガトウィック空港に向かう鉄道テムズリンクを待っていたところ、車両故障を起こし、ホームが使用不能となり1時間以上運航不能となりました。首都の主要空港間をつなぐ主要幹線で起きたこのトラ…

パリのアパルトマンに泊まって(2日目)

ロンドンからパリに出かけた2日目。特に予定もなかったので、思いつくままに適当にまわってみました。観光名所巡りに縛られることがないゆったりとした旅のつもりでしたが、盛沢山な1日になりました。

パリのアパルトマンに泊まって

今回のパリ来訪の主目的はコンサートだったので、会場のスタジアムに近い15区のキッチン付きのアパルトマンのような部屋を借りました。 Sweet Room 15という名称でHotelのような看板がないので最初見つけられずドキドキしちゃいました。 4階に行き指示された…

ユーロスターに激おこプンプン丸٩(๑`^´๑)۶

英国では、事故や天災でもないのに「乗員不足」とか「理由なし」とか、日本では考えられない理由で、予約していた列車が運休になることがあります。ユーロスターは国際線にもかかわらず、今週土曜日に予約していた便を運休にしてきました。代替便のひどいも…

英国のおかしな法律:「パブで酔うと違法」

英国にはたくさんの現代には合わない古い法律が改正されないまま残っており、その数は800以上もあるそうです。知らず知らず違反しているかもしれません。英国を訪れる、あるいは英国在住の日本人に直結しそうな妙な法律をご紹介。

19世紀に地味になった男性の正装用衣装

ビクトリア&アルバート博物館とナショナルポートレートギャラリーをはしごして英国人の衣類の変遷をみていたところ、男性の正装は19世紀始めに地味になったことがわかりました。ただの雑学ですが話のタネにでも。

パリの手芸屋さんを訪ねて

南仏の手芸ブティに使う用品を探しに昨年2月、パリの手芸品店を巡り歩きました。ブティの簡単な説明と訪れたパリの手芸品店をご紹介。

英国はドライブがお勧め

英国に旅行で来られる場合の、国内移動手段としては、車がおすすめです。英国の素敵な景色は田舎にありますが、英国の公共交通機関はあまり信頼できないし、風光明媚な場所、昔の領主の館、さらに英国の名園巡りなどをしようと考すると、鉄道とバスではどう…

ユーロトンネルを通ってフランスでお買い物

昨日は、不毛かつマニアックなブレグジットの話を書いて消耗してしまったので、今日は、我が家が時々行っているフランスへの買い出しの話をしましょう。 我が家はロンドン南部にあり、ここから、ユーロトンネルの入り口フォークストン(Folkestone)まで車で…

英国に公共トイレが足りない理由

英国は今、トイレ不足が危機的な状況にあるそうです。外出先で使えるトイレが少なくて、通勤途上の駅にもほとんどありません。 身近にトイレがないというのは大変です。英国人は大柄な人が多く、それに比例して膀胱の容量が大きい人が多いのでしょう。職場の…

TK マックスでブランド品を安く買う(英国小売り事情)

近所のショッピング・コンプレックスには、TKマックスというディスカウントストアの大型店があります。来英当初は、一般店で定価で色々な品物を購入していましたが、時間に余裕が出てくると、価格を比較して買うようになり、TKマックスに足繁く通うようにな…

南仏トゥールーズのパステル

先日、トゥールーズ名物のスミレの話を書きましたが、もう一つの名物、パステルについてご紹介します。トゥールーズに旅をするまでパステルは柔らかい色合いのクレヨンに似た画材だと思い込んでいました。しかし、フランス語には画材の他にもう一つ、布を青…

南仏トゥールーズのスミレ

南西部フランスのトゥールーズは、フランスでも最もお気に入りの町の1つです。 フランス第5の大都市で、エアバスの本社所在地としても知られていますが、日本では鹿島アントラーズの昌子源選手が移籍することで注目を集めています。 この町を私が知ったのは…

航空中耳炎の恐怖

風邪気味なのにローマに行くため飛行機に乗った結果、往復の着陸時に、生まれて初めてといっていいほど不愉快な痛みと金属音が耳を襲いました。この音、なんと表現したらいいのか、金属をこするような音なのです。耳の中に金属がある訳ではないのに。 これは…

ドローンで出発遅れ

5日間の「ローマの休日」でしたが、行きも帰りも飛行機の運が悪かったようです。 行きの便は、いったん機内に着席してから機体の交換が必要になり、2時間半ほどローマ到着が遅れました。これはEasyjetというLCCを利用したせいだとあきらめたのですが、帰りの…

ローマ最終日は猫の楽園へ

高熱こそ出さなかったものの、鼻水、咳、頭痛と抗ヒスタミン剤でラリっている間に、あっという間にローマ最終日になってしまいました。うー残念! 最終日は荷造りしてホテルに荷物を預けて、アルジェンティーナ広場へ。ここは毎日、特に意識もせずに通り過ぎ…