英国の庭から~海外生活ブログです

欧州調査歴25年以上のリサーチャー兼駐在員妻です。英国在住歴は通算10年。庭仕事のかたわら、言いたい放題つぶやきます。

ヨーロッパ

南仏コートダジュールのロスチャイルド邸(その1 邸宅編)

8月中旬に南仏コートダジュールに行きました。訪問先の中で最も華やかだったロスチャイルド一族の館、ヴィラ&ジャルダン エフルッシ・ド・ロチルド邸について建物と庭の2回に分けてご報告します。今回は邸宅編。20世紀初頭の大富豪の暮らしをご覧ください。

ホーフブルク宮殿のシシィ博物館に行く ウィーン4日目(2)

ウィーン最終日の最後の訪問先は、ハプスブルク家の冬の宮殿で、主宮殿でもあるホーフブルク宮殿に行きました。今回はこの宮殿とそのヒロインともいうべき皇妃エリザベート(シシィ)の物語です。

ベルベデーレ宮殿(上宮)でクリムトを堪能する ウィーン 4日目(1)  

ウィーン最終日は朝一番にベルベデーレ宮殿(上宮)に行き、クリムトやシーレなどの作品を見てきました。また、9月8日までの特別展「速さと滑らかさ」も見ましたので報告します。

リンツの町を歩く(オーストリア3日目)

オーストリア第3の都市リンツに7月上旬に娘と二人で旅をしました。国際的なメディアアートの祭典が行われるアルス・エレクトロニカ・センターに行くのが主目的でしたが、古都ならではの風情のある素敵な町でした。

ウィーンの近・現代美術を見て歩く(ウィーン2日目)

7月上旬に娘と二人、オーストリアに3泊4日で旅行に行きました。ウィーン2日目は、19世紀末芸術や近・現代美術を中心に美術館巡りをしました。

ウィーンの美術史美術館を堪能する(ウィーン1日目)

娘と二人で7月上旬に3泊4日でオーストリアの首都ウィーンと第3の都市リンツに行きました。今回は、初日のウィーン観光の報告です。夕方から美術史美術館、フンダートヴァッサーハウス、シュテファン大聖堂を駆け足でまわりました。大聖堂の北塔から見たウィ…

娘と二人、オーストリアの旅(ウィーンに入る)

娘と二人で7月上旬に3泊4日でオーストリアの首都ウィーンと第3の都市リンツに行きました。今回は、ウィーンの街の交通機関、ホテル、食事処についてご報告します。

EU離脱は最長10月31日(ハロウィーン!)まで延期(ブレグジット その31)

緊急欧州理事会(EU首脳会議)は4月11日0時過ぎ 、英国に対して最長10月31日まで条件付きでEU離脱を再延期することを認めました。条件というのは、英国が10月末までに離脱協定を批准すればその翌月1日に離脱する、5月22日までに協定に批准できなければ欧…

とりあえず3月29日の離脱は延期(ブレグジット その24)

欧州理事会(EU首脳会議)は3月21日、英国政府が提出した離脱延期申請を協議し、1)英国議会が3月25日の週にEUと合意済みのEU離脱協定案を承認すれば、5月22日までの延期を認める。2)議会承認がなければ、4月12日までは延期を認めるという2つの条件付きの…

日英のベビー服にみる生活文化の違い

日英で出産と子育てを経験したところ、かなり文化的な相違があるとおもいました。今回は日英のベビー服に対する考え方の違いなどをご紹介します。

19世紀に地味になった男性の正装用衣装

ビクトリア&アルバート博物館とナショナルポートレートギャラリーをはしごして英国人の衣類の変遷をみていたところ、男性の正装は19世紀始めに地味になったことがわかりました。ただの雑学ですが話のタネにでも。

日EUEPAが発効した(けど)

日本時間で本日0時に日EUEPAが発効しました。2月1日に日本やEUの税関に入る貨物で、原産地が日本またはEUと証明できれば、関税撤廃や減免の恩恵に浴せるそうです。 さて、しかし、これがどの程度、EU域内で生活する日本人の生活というか、我が家の生活に好影…

欧州で小包を受け取るときはVATに注意!

海外に住んでいると、日本食や文房具などを日本から送ってもらうことがよくあります。毎回ではないけれど、たまに高額な税金を請求されて驚いたという話もよく聞きます。先日、Amazon.jpで炊飯器を1万円で購入し、英国まで船便で送ってもらったところ、郵便…

欧州産チーズが安くなるかな

日本とEUのEPA協定が、12月8日に参議院で、12月12日に欧州議会で、賛成多数で承認されました。2月1日に発効するようです。 2月1日というのは、最速で発効する場合です。協定には両者が今月中に「協定を発効させますよ」という通告文書を交換して(公文交換と…