英国の庭から~海外生活ブログです

欧州調査歴25年以上のリサーチャー兼駐在員妻です。英国在住歴は通算10年。庭仕事のかたわら、言いたい放題つぶやきます。

生活

イギリス英語で、e-mailを書く方法(その2:本文のはじまり)

イギリス英語でe-mailを書くときの、宛名と挨拶、結びの言葉を前回お教えしましたが、今日は本文の出だしの部分と日付の書き方をお教えします。

イギリス英語で、e-mailを書く方法(その1:冒頭の挨拶と結びの言葉)

何年たってもちっとも英語がうまくならない私。仕事などでe-メールを書く機会が多く、同僚の英国人にみてもらっては間違いを正されています。 せっかく教わったe-mailの書き方をご紹介しましょう。

やっぱり!アマゾンがアレクサを使って盗聴

英国各紙は4月12日、アマゾンが米国、コスタリカ、ルーマニアなどに専門の拠点を設けて、何千人ものスタッフを雇って、AI搭載機器のアレクサが聞き取った音声情報を集めてデータ化しているという事実を報道しました。 スタッフは毎日アレクサが集めた会話を…

Gardeners' World 2019(第5回)

BBCのGardeners' World 2019(第5回、4月5日放送分)の主な内容は次の通りです。 1.池の手入れ 2.Peony(牡丹と芍薬)の魅力 3.水仙の魅力 4.野菜(人参とアブラナ科に属するもの)の種蒔き 大きくこの4つでした。

英国の新臓器提供法は日本も取り入れるべきかも

英国議会は2019年3月15日、臓器提供に関する画期的な法律を可決・成立させました。この法律はイングランドだけに適用される法律ですが、イングランドに1年を超えて居住する成人が事故などで脳死状態になった場合、あらかじめ本人が「臓器提供を拒否する」と…

4月8日からロンドン中心部に超低排出ゾーン導入

ロンドン中心部では、混雑緩和を目的としてCongestion Chargeと呼ばれる通行税が日中、通行する車に課せられています。近年、交通量や人口の増加に伴い、大気汚染が年々悪化していることから、住民の健康を守ることを目的に2019年4月8日から同地域を世界初の…

ブログは思ったより難しい

昨年10月1日からブログを始めて半年経過しました。163日で209本書いたとあります。かなりの量になりますね。文章を書くことは慣れているのですが、ブログとして書くのは全く別で、日々新しいことを学んでいます。また、ブログを運営するというのは、ずいぶん…

英国の交通違反者講習で学んだ事故に至る心理

英国の道路で交通違反したところをカメラで撮られてしまいました。97ポンド払えば100ポンドの罰金と3点減点を免除してくれるというので、違反者講習に参加してきました。講習会で事故に至る心理学というのが面白かったのでご報告。

雑誌COUNTRY LIVINGの Spring Fairで予想以上に満足

雑誌COUNTRY LIVINGの春のフェア(2019年3月28日~31日開催)に行ってきました。会場は、ロンドン北部のアレキサンドラパレス。最寄り駅である地下鉄のWood Greenから無料送迎バスで行きました。出展者数をざっと数えたところ325も出ており、ガーデン、イン…

サリー州の自然保護区で娘と風景写真撮影

英国の田舎の風景というと、緑の芝生、華やかに咲く花々といったイメージがありますが、娘の学校の課題に合わせて訪れたサリー州自然保護地の風景はかなりイメージが違うものでした。英国園芸協会(RHS)本部のウィズリー庭園の目と鼻の先にこんな景色がある…

宗教について、何となく思うこと

昨日(3月27日)、議会ではブレグジット関連で8つの法案の採決を行い、メイ首相が遠くない辞任を仄めかしたこともあって、あまり大きく取り上げられなかったのですが、メイ首相はもう一つ問題行動をしていました。 議会で、メイ首相に対して、イスラム教徒に…

スタンデン(ナショナル・トラスト)でウィリアム・モリスの世界に浸る

ロンドンの南1時間ほどの場所にあるスタンデンは、ナショナルトラストの施設で、建物と庭が公開されています。建物の内装をウィリアム・モリスが行ったのが特徴です。とても個性的な住宅なのでご紹介。

イースターの飾り

そろそろイースターです。例によって季節のお祭りが好きな私。クリスチャンでもないのにイースター飾りをしてみました。 ちょうど今、レンギョウの開花時期であちこち咲いているので本当は生の枝を使いたいところですが、今年のイースターは遅くて花がもたな…

春の宵を満喫して

英国の春は、強風の日が多く、曇りがち。たまに晴れるとてもうれしくなります。日が伸びてきて、明るいうちに帰路につけたのもうれしい。

3月17日はセント・パトリック・デー

3月17日は聖パトリックの日です。英国でもアイルランド系の人が緑の服を着て祝うそうです。聖パトリックとはどのおうな人なのか、調べてみました。

Gardeners World 2019 (第1回)を見て

日本を代表する園芸番組というと、やはりNHKの「趣味の園芸」ではないかと思います。英国でそれに相当する番組と言えば、Gardeners Worldです。毎年、冬の時期はお休みして、2019年も3月8日から放送が始まりました。第1回目を紹介しましょう。

救急外来で3時間待ち

娘が通う学校の保健室から連絡があり、体調不良の上に髄膜炎の可能性があるといわれたので、地元のNHSの救急外来に連れて行きました。設備も先生もよかったけれど、3時間待ちでした。

国際手芸見本市「レギュイユ・オン・フェット(針の祭典)」

2019年の国際手芸見本市「レギュイユ・オン・フェット(l’Aiguille en Fete)」に行きました。出展者数は160程で、思ったより小規模でした。1時間ほどしか見られませんでしたがご報告。

アランデルは街も楽しい

アランデルは、城が観光の目玉ですが、その城下町もかわいいです。 イングランドでは珍しいカトリックの大聖堂があり、街中にはアンティークセンターや骨董店もあります。せっかくお城の見物に行かれるなら、立ち寄ってみるといいですよ。

3月5日(火)はパンケーキデー

今年は明日3月5日がパンケーキデーです。スーパーには簡単に家でパンケーキが食べられるような商品が並んでいました。明日の朝食用に出来合いのパンケーキやフルーツを買ってきました。

金、銀、銅の時間

1日を金・銀・銅に分けて家事をすると良いと昔、テレビで見たのを思い出しました。金とは体力のある午前、銀は午後、銅は夜で、金の時間に面倒な仕事をしましょうということです。豪雨の日曜日、金銀銅を意識して過ごしてみました。

英国アンティークのお楽しみ(その1 どこで買うか)

「英国でアンティークを買う」というのは、なかなかわくわくする体験です。アンティークとは、100年以上経った品をさします。今年でいうと、第一次世界大戦終結までの品です。それ以降になりますとヴィンテージ、セカンドハンド(中古品)、コレクタブル(収…

スイトピーの種蒔き

スイートピーの種を2月21日に蒔いたところ、1週間ほどで芽がでてきました。スイトピーは半径が小さくて深い容器に2粒ずつ蒔くのが良いそうです。

ホーリールード宮殿に行ってみました

エジンバラ最大の見どころと言われるホリールード宮殿、夏場に行くと王室の誰かが滞在していて公開されていないことも多いと聞きます。仕事の後、少し時間があったので、行ってみました。

エジンバラに出張中

1泊2日の予定でエジンバラに出張に来ています。夕食に食べたシーフードがおいしかったのでご紹介。

日英のベビー服にみる生活文化の違い

日英で出産と子育てを経験したところ、かなり文化的な相違があるとおもいました。今回は日英のベビー服に対する考え方の違いなどをご紹介します。

ロンドンに到着してからもトラブル

パリからユーロスターでロンドンに帰り、セントパンクラス駅でガトウィック空港に向かう鉄道テムズリンクを待っていたところ、車両故障を起こし、ホームが使用不能となり1時間以上運航不能となりました。首都の主要空港間をつなぐ主要幹線で起きたこのトラ…

ユーロスターに激おこプンプン丸٩(๑`^´๑)۶

英国では、事故や天災でもないのに「乗員不足」とか「理由なし」とか、日本では考えられない理由で、予約していた列車が運休になることがあります。ユーロスターは国際線にもかかわらず、今週土曜日に予約していた便を運休にしてきました。代替便のひどいも…

伝統の人気デザート「カスタード」とは?

英国人が最も愛するデザートにカスタードがあります。17世紀頃からデザートの定番として定着したらしく、アンティークの容器などもたくさんうっています。今日は「カスタード」とそのレシピをご紹介しましょう。

「最後のワラ」で辞職すれば、不当解雇に

英国では、上司によるパワハラ、社内でのいじめなどを苦に従業員が自発的に退職した場合、「不当解雇」とみなして、経営者に賠償金を支払わせる制度があります。参考までにご紹介。