英国の庭から

欧州調査歴25年のリサーチャー兼駐在員妻です。英国在住歴は通算10年。庭仕事のかたわら、言いたい放題つぶやきます。

アランデルは街も楽しい

アランデルは、城が勿論、観光の目玉ですが、その城下町もかわいいです。

 

イングランドでは珍しいカトリックの大聖堂があり、その中を見物できます。なかなか絢爛豪華です。

f:id:ouiouigarden:20190309082303j:plain

城からみた大聖堂

f:id:ouiouigarden:20190309082707j:plain

大聖堂の内部

街中には、安直なガラクタ屋風のアンティークセンターから立派な骨董屋さんまでいくつかありました。大物の家具などには手が出ないので、アクセサリー類や陶器、ガラス器、ビンテージ物のガラクタなどを見て回りました。

↓町のウェブサイトのアンティークに関するページ

http://www.arundel.org.uk/shops/arts-and-antiques  

 

お腹が空いてきたところで昼食。目抜き通りにはパブやティールームがあり、評価の良さそうなティールームの1つを選んでランチ。コテージパイというのは、マッシュポテトにひき肉の炒めたみたいなものをかけたり、下に敷い手オーブンで焼いたものです。

f:id:ouiouigarden:20190309083058j:plain

日替わりランチのコテージパイです。

見た目通り、想像通りの味でした。(ですので、まずくて食べられないことはありません)英国の料理は皆こんな感じですね。どうやって作るのかわからない‥というような複雑なものはあまりなく、安心感があります。ケーキもいくつか種類がありました。お茶の時間に入ってケーキを食べてもいいかもしれません。

 

www.belindastearooms.com

お店の外側はこんな感じ。

さて、ロンドンからアランデルの行き方ですが、鉄道で1時間半、1時間に2本位の頻度で出ていて、往復で一人オフピーク料金で50ポンド位です。

お勧めは、車です。アランデル城前には大きな駐車スペースもあるし、ガトウィック空港あたりでレンタカーをして、夏場は日暮れが遅いので、アランデルを日中見物して、セブンシスターズ海岸などに夕方行くという手もあります。

 

というわけで今日はこの辺でおやすみなさい。