英国の庭から

欧州調査歴25年のリサーチャー兼駐在員妻です。英国在住歴は通算10年。庭仕事のかたわら、言いたい放題つぶやきます。

お土産探しに一苦労

明日から10日間程、日本に一時帰国します。

 

英国が急に寒く暗くなってきたこの時期、10度以上も暖かい日本(関東です)に帰国できるというのは大変うれしいことです。いやぁ、もうしみじみ世界中で日本ほど素晴らしい国はありません(きっぱり)。

 

食べ物がおいしいだけでなく、人々は礼儀正しく親切で、安全で清潔でと、帰国する度にに感動します。道路のアスファルトのなめらかさ、建物のコンクリートの色、英国と比べるとお金がかかっていてとてもきれい。日本の良さの再発見ができるのが海外暮らしの良いところかもしれません。

 

さてさて、そんな日本ですが手ぶらでは帰れません。誰にも告げず、誰にも会わず、こっそりと帰って旅行や買い物だけ済ませて英国に戻れればいいのですが、そうもいきません。なのでこの数日、会社帰りにセントパンクラス駅(ユーロスターの発着駅なので土産物屋が多い)に寄ったり週末にスーパーにいったりと、まるで冬支度を控えたリスのように動き回っていました。

 

しかし!!!英国には日本に誇らしく持ち帰ることができるようなお土産はほとんどありません(またまたきっぱり)

 

ハロッズ、フォートナム&メイソン、トワイニング、ウィッタード、リバティetc 、英国人が贈答に使うような店で日本で取り扱いがない店はあるでしょうか?しかも、英国の消費税は15%。日本の販売価格とほとんどかわりません。どういうことかしらん?

 

さらに困ったことに職場の同僚にお土産を買おうとすると、よりにもよって成城石井がビルの1階に入っていて、ショートブレッド、紅茶、マーマレード、ジャムなど英国製がうじゃうじゃ売っています。うーん。英国人と結婚しているドイツ語の先生は、里帰りの時は必ず英国のマーマレードを買うといっていたのですが・・・

 

少し前までWaitroseという高級めのスーパーが取り扱っているチャールズ皇太子ブランドDUCHYのビスケットが英国駐在員のお土産として重宝されていましたが、最新情報によるとDUCHYのビスケットもカルディで売っているそうな・・

 

もーやだやだ。そういわけで、今回のお土産はプライベートブランドばかりを扱っているマークス&スペンサー(M&S)のお菓子を中心にまとめてみました。はぁ‥毎回大変です。

f:id:ouiouigarden:20181030092029j:plain

雑誌は歴史好きな長男用。

一部をご紹介。歴史雑誌のほか、パスタ(これも長男用)、フランスで買ったはちみつ飴(母用)、エリザベス女王も好きだというアフターエイト(ソニプラで売っていますが、母用)。オレンジ色のはジャムの付いたゼリーのようなお菓子で2箱で1.50ポンドと安いので4箱購入(バラまき用でM&S)。ウィッタードのバラの紅茶(赤坂に支店があるそう)、右上のピンクの入れ物は2つで4ポンドと安く、ポップコーン、マシュマロ、カラントのようなものをチョコで絡めたもので、娘がはまっています(M&S)。それ以外も紅茶とチョコばっかり。写真以外にもさらにチョコ系を購入しました。そうだ、それと他にチーズです。温度管理が難しいですけど。(チョコだって日本の方がおいしいと思うのですが・・・)