英国の庭から

欧州調査歴25年のリサーチャー兼駐在員妻です。英国在住歴は通算10年。庭仕事のかたわら、言いたい放題つぶやきます。

トラブル続きの1週間

今週は、ずっとトラブル続きでした。日曜日に庭仕事をして体が冷えたところ、急に腰痛になったのです。どこかよくわからないのものの、腰の奥が締め付けられるように痛くなり、いてもたってもいられなくなりました。慌ててお風呂に入って、ゆっくり動くなどあれこれ努力していますが、1週間たってもまだ痛みが引きません。

 

以前、ぎっくり腰になったときは、ギクッと信じられないような痛みが腰に走って、その姿勢のまま動けなくなりました。今回はそういう痛みではなくて、背中からもお腹からも遠く、腸の裏側あたりの痛みです。そして、まっすぐ立っている時、歩いている時はあまり痛くなく、椅子から立ち上がったり、前傾姿勢だったり、姿勢を変える時、猛烈に痛むのです。

 

はて、これはどういう腰痛なのかと調べてみました。次のサイトを見ると、仙腸関節性腰痛というのがばっちりあたります。

あなたの腰痛タイプは?

 

で、仙腸関節で調べてみると、慢性化すると大ごとじゃないですか・・

 

そこで、今週は、非常に寒かったこともあり、大事をとって月曜日と木曜日に仕事を休んで家で温かくして休むことに・・(後で調べたら、どうやら動かす方が良いみたいです)

 

しかし、トラブルはこれだけではありません。年末以来、そのまま離陸してしまうのではないかというほど、うるさい騒音を立てていた、ボイラーを修理してもらったところ、色々な部屋のラジエーターが効かなくなってしまったのです。お風呂場など北極圏のよう。そこで、またまたエンジニアに来てもらってみてもらって、一晩たったら、今度はお風呂やシャワーのお湯が全く出ません。英国の家って、こういうことが多いんです。

 

家の管理人(大家代理人)が、金曜日の午前中に来るというので、午前休をとって待って直してもらい、今日はお風呂に入れました。

 

あぁ…まったくついていない1週間でした。その間、私が何をしていたかというと、寝たり起きたりしながら、ブログももちろん書いたのですが、かねがね気になっていたブログのカスタマイズという大事業を始めてしまいました。

 

と・こ・ろ・が!

 

こちらを見てくださる多くの方は、ブログをご自分で運営されているので、よくご存じだと思いますけど、これ、めちゃくちゃむずかしくありませんか?ご親切な方が「貼り付けるだけ」といろいろなタグを公開してくださっているので、使わせていただくのですが、必ずどこかおかしくなります。

 

今夜は、Amazon.jpのウィジェットを貼り付けてみようと試みたのですが、題が出ません。週の頭には娘がヘッダー画像を作ってくれたので貼ってみたのですが、i-padミニでみたら、タイトルが切れてしまっていて、先ほど小さく作り直してもらったところです。

 

そんなこんなで、腰は痛いし(なぜか喉も痛い)、暖房の効きも悪いし、ブログの具合も悪いし、天気も悪いし、で、すっかり腐ってしまいました。

 

そんな中、今日帰宅してみると、英国王立園芸協会(RHS)から月報と1年に1回の会員ハンドブックが届いていました。わーい。

 

f:id:ouiouigarden:20190126100019j:plain

左が会員用月刊誌(2月号)。真ん中は通販カタログ。右は会員規約とパートナーとなっている庭園のガイドブック。

先月亡くなったDavid Austin氏のObituary(追悼記事)も出ていました。ご覧になりたい方は、次のURLで読めます。

Obituary: David Austin / RHS Gardening

また、以下は生前に掲載された記事です。

https://www.rhs.org.uk/about-the-rhs/publications/magazines/the-garden/2014-issues/May/david-austin-restyling-the-rose.pdf

 

すっかり気を取り直したところで、Gardenを読みながらお休みすることにします。

ではでは!