英国の庭から

欧州調査歴25年のリサーチャー兼駐在員妻です。英国在住歴は通算10年。庭仕事のかたわら、言いたい放題つぶやきます。

王立統計協会が選んだ、「2018年の統計」

英国では、19世紀に統計の専門家の団体が各地に設立され、その多くは統廃合されたのですが、現在もいくつか残っています。そうした中の1つ、王立統計協会(The Royal Statistical Society)が、毎年年末にその年に発表された統計の中で優れたものをWINNERとして、注目すべきものをHIGHLY COMMENDED STATISTICSとして発表しています。

 

2018年についても12月18日 に発表されていますので、ご紹介しましょう。

 

国際部門のWINNER

「世界で廃棄されたプラスチックの90.5%はリサイクルされない」

これはショッキングな数値でしたね。私も毎日ゴミを一生懸命分別して、プラスチック容器などせっせと洗っているのですが、これらはみんなリサイクルされずに埋め立てや焼却されてしまうということでしょうか。日本では分別回収&リサイクルに熱心な市に住んでいまして、リサイクル工場に見学にいったこともありますが、それは稀有な場所だったのでしょうか。英国の市町村で分別中止宣言をしたところもありました。

http://advances.sciencemag.org/content/3/7/e1700782.full

 

英国部門のWINNER

「2018年6月30日、1日だけをみると、英国の電気の27.8%が太陽光によって発電され、全ての電源の中で最も比率が高かった」

今年は、天気が良かったので、太陽光発電ができたんだと思いますけど、来年はどうかな・・

http://electricinsights.co.uk/#/homepage?_k=80cv9v

 

国際部門のHIGHLY COMMENDED STATISTICS

「ロシア人の男性の40%は65歳になる前に死ぬ」

これは不幸な数字ですね。アフリカなどではもっと寿命の短い国もありますが、ロシアの男性はどうしてそんなに寿命が短いんでしょう。ウォッカの飲みすぎ?寒すぎ?ストレス?

http://apps.who.int/gho/data/?theme=main&vid=61360

 

英国部門のHIGHLY COMMENDED STATISTICS

「2017年10月~2018年9月の英国の列車の運行状況をみると定刻通り運航できたのは85.9%でこれは過去10年間で最低だった」

実感では、もっと低いように思います。悪名高い路線に住んでいますし。ちなみに定刻通りというのは「5分以上遅れなかった」という意味です。わはは・・

http://orr.gov.uk/__data/assets/pdf_file/0004/39892/passenger-freight-performance-2018-19-q2.pdf

 

「英国小売りの82%は店舗販売」

英国は米国とならんでオンライン販売が普及していると言われていますが、実はそれほどオンライン販売は普及していず、20%に達していないということですね。まあ、これは宅配の問題でしょう。管理人のいるマンションにでも住んでいない限り、日本のように優秀な宅配業者がいないので実に頼みにくいんです。時間指定どころか、日にち指定だって簡単じゃありません。クリック&コレクトなどの対象になっている品目も限られていますし。そうはいってもHMVが倒産を発表したように、音楽関係とか、旅行チケットとか、オンラインが優勢な業種もありますが・・

 

このほかにも、統計があります。ご関心がある方はこちら。

Statistics of the Year 2018: Winners announced | StatsLife

f:id:ouiouigarden:20181231095654j:plain

The Royal Statistical Society