英国の庭から~海外生活ブログです

欧州調査歴25年以上のリサーチャー兼駐在員妻です。英国在住歴は通算10年。庭仕事のかたわら、言いたい放題つぶやきます。

パトリック・ブリュエル

この記事は、はてなブログで「わたしのアイドル」と言うお題が出ていたのに合わせて書いたものですが、私が気に入っているフランスの歌手兼俳優パトリック・ブリュエル(Patrick Bruel)のお話です。

 

パトリック・ブリュエルは、フランスでは80年代後半から90年代にかけてアイドル歌手として大人気となり、日本でいうと、嵐やスマップの全盛期のような大人気アイドルだったそうです。

 

ピアノやギターの弾き語りをしたり、舞台の演技で賞をとったりしているのに、踊りはお世辞にも上手いと思えないので、ジャニーズ系というよりフランス版福山雅治と言ったところかもしれません。まあ、ともあれ、私がファンになったのは10年くらい前のこと。肝心な全盛期には存在すら知らず、今となってはYouTubeなどの動画から想像するかありません。

 

ファンになったのは、私が若いころから気に入っていたElton JohnとかBilly Joelのようなバラード系の歌を歌う英語圏以外の歌手はいないかな‥と思ってYou Tubeを検索したのがきっかけ。メロディがきれいなバラードが何曲もあって、どれも気に入ったので、ベスト盤を購入して聞いているうちにすっかりはまってしまい、あとはアルバムを揃えて・・とどんどん深みにはまって行った次第。

 

英国に来てからは、コンサートがあるたびに、パリやリールまで遠征し、2018年夏にはジュネーブ近郊で行われた野外コンサートに行ってきました。あいにく夕立になってしまったのですが、前から3番目で見ることができて感動。たまたまお隣にいた、同年代のスイス人の女性と意気投合し、「昔は全然好きじゃなかったけど、最近良くなったよね」などと彼女が言い、私も実はアイドル時代の歌より近年の歌のがいいね、と同意したり、「彼は何ともキュートなところがあるよね」などと共感し、二人でかわるがわるビールや食べ物を買いに行き、と楽しい時間を過ごしました。

 

さらに、2019年2月にパリで行われるコンサートにも行ってきました。日本での知名度が低く、活動はフランス語圏にとどまっているので、ヨーロッパに住んでいる間にコンサートに行っておかねば。それに彼自身がもう60歳ということを考えると、活動している間に聞けるだけ聞いておこうと決めております。このコンサートは2018年秋に発売したアルバムの歌を中心としたフランス語圏ツアーの一環で、彼自身の持ち歌出回るコンサートとしては数年ぶりのようです。2月のコンサートに行ったところ(この時は前から5列目ぐらい)、非常に楽しかったので、2019年12月6日のコンサートのチケットも買ってしまいました。

 

フランチポップスの人気歌手というのは、日本の演歌歌手並みのスケジュールでフランス語圏をコンサートしてまわるようで、そこに行くことができればコンサートのチケットを取るのは難しくありません。また、テレビやラジオ歌謡番組も人気のようで、同じフランス語圏の色々な歌手とデュエットしたり、他の歌手の名曲のカバーをしたりしているので、その縁で、どんどんフレンチポップスに関する知識も広がりました。

 

パトリック・ブリュエルは、日本ではシャンソン歌手として紹介されてきたようです。たしかにフランス語でシャンソンとは歌の意味なので、シャンソン歌手に違いないのですが、日本でシャンソン歌手というと、日本人のシャンソン歌手がシャンソン酒場で長いドレスを着て「バラ色の人生」「枯葉」といった1950-60年代の名曲を謳っているイメージ。

 

私はあのイメージがあまり好きじゃなくて、敬遠しているうちにパトリック・ブリュエルの全盛期を見逃してしまったようです。少し残念。もっと広くいろいろなものを聞いておけばよかった。まあ、でも、この夏、ファンクラブにも入会したし、ちなみにフランスでは彼のファンのことをBruelmaniaと呼ぶそうですが、今、Bruemaniaの生活を満喫しております。

f:id:ouiouigarden:20181018074128j:plain

Caribana Festival 2018 (6月5日)で